【夫の母親と縁切り】まさかの自分以外の親族に苦労したけど、距離を置くことに成功した。

【夫の母親と縁切り】まさかの自分以外の親族に苦労したけど、距離を置くことに成功した。

【性別】女性
【年齢】(縁切りできた当時)
30歳
【職業】(縁切りできた当時)
派遣社員





【縁切りした人】
夫の母親
【その人の年齢】
61歳
【縁切りした人の人柄】
性格はヒステリックで自分の思い通りの行かないことがあると無視したり説教してくる。
自分の息子のことをまだ子どもだと思っていて良かれと思っておせっかいをやいてくる。
子離れできていない印象がずっとあった。
わがまま。




【嫌な部分と実害】
夫にプロポーズされてご挨拶に行くことになり、日にちを決めるといった際に「日にちを指定してくるなんで失礼」「まだ時期が早いのではないか」などといって断られてた。
また、夫と賃貸で一緒に住むことになり、家を探していると「私の息子は長男なのよ」と執拗に何回も言ってきたこと。
そして私たちが留守の際に勝手に家にきて、ケーキを置いて帰っていた。
そしてどこに行っていたのと怒られ、私にまで謝りのメールを打つことになった。




【決定的な出来事】
新築を購入することになったが、夫側の両親が気に入らなかったことで一切の援助を受けられなかった。
それだけならまだしも、私の両親にこっそり電話をしてきていて、「私の息子は長男なんですよ、わかっているんですよね」と問いただしてきていたことを後から知った。
新築を購入する際に起こったことがきっかけで夫はもう自分の両親とは縁を切るつもりでいると言われた。
私も同じ気持ちだったため、二度と会いたくないと思っていた。




【当時の心境】
なんでこんな親族がいる人と結婚してしまったんだろうとずっと自分を責めてしまっていた。
気が付いていたら結婚しなかったのにとずっと考えてしまっていた。
そしてすごく悩んでいることに夫はあまり気づいておらず無神経な姿により夫にも嫌悪感が増した。
将来に夫の親族とお葬式なので会わなければいけなくなった際はどんな顔をして会うんだろうと不安だった。
そして夫自体ももう親には会いたくないと言っていたことで、相続問題が揉めそうで嫌だなあと思っていた。




【相談と助けてくれた人】
自分の親や、周りの友人に相談していた。
友人は離婚したらといったが、私の両親は離婚したら大変だからこのままのほうが良いよと言われた。




【縁切りのための行動】
夫が夫の両親に手紙を書いた。
直接話しても無駄だろうと夫が判断をしたようで手紙をだして、今まで嫌だったことを全て書いていた。
そして私がされた嫌だったことも書いて、今後は縁を切るつもりでやっていきたいということも書いていた。
返信を求める手紙をかいたにも関わらず何回か無視をされ、何回か手紙を書くことになった。
夫の両親からは一回会って話がしたいと書いてあったが、夫はすべてお断りしていた。
なかなか縁を切れる状況にはなれず、なにかあると嫁である私のせいにされ、自分の息子を変えてしまったのを私のせいだということにされた。
なので私も何回も夫の両親に向けた手紙をも書いた。
あちらは頑なに自分たちは悪くないと思っているようだった。

【決意してから縁切り成功までの期間】
4か月




【縁切り成功のきっかけ】
1年間、ずっと厚かましい行為や発言をされ続けていたにもかかわらずに嫌だということを伝えられていなかった。
そして2人で年末年始の挨拶を行かないという選択をした。
そしたら翌年に年末年始に来なかったのは私が夫に行くなといったせいだと夫の親族間で噂をされた。
そのことがきっかけで手紙を送り、今までずっと嫌な思いをしてきたことと、今後関わっていきたくないことを書いた。
そしたら一回話したいと夫の両親から手紙がきたが、会いたくないという返信をし、2年間年末年始も帰らずにいる。
そして距離をおくことになり縁切りに成功した。
縁切りできたきっかけは年末年始に帰らなかったことをはじめ、息子に何かあるたびに私のせいにされることが続いていたから。




【その人との経過】
縁切りして、連絡も一切取っていない

【現在の関係】
夫の両親を縁を切ってからは1年程経った。
夫の両親とは私も夫も一切連絡を取っていないのでまったくわからない。
そして夫の親族とも縁を切っている形になっているのでどこに住んでいるのかもわからない状況になっている。
私の両親もそのことは知っていて、そのことがきっかけにもなり、私の両親とも疎遠になってしまった。




【縁切り後の生活】
縁切りしてしばらくは夫のことも嫌になってしまって顔も見たくないという状況が続いていて苦しかった。
そしてストレスで眠れなくなることが続いていた。
しかし、最後に連絡をとってから1年がたち、ストレスに感じることが少なくなってきた。



【当時の自分へのアドバイス】
嫌でも頼りなくても夫であるかぎり生活費を稼いできてくれるんだから我慢して生活を続けるといいよ。
愛しているだけが夫婦ではないからどんな形でも自分が一番生活しやすい形で生きていくことがいいと言いたい。
離婚したほうが大変だから今のままが一番良いと言い聞かせる。
周りからうらやましいと思われる夫婦でなくてもいいんだよ。