【彼氏と縁切り】地元の浮気性彼氏と別れられなかった私、今は東京で幸せに暮らしている。

【彼氏と縁切り】地元の浮気性彼氏と別れられなかった私、今は東京で幸せに暮らしている。

【性別】女性
【年齢】(縁切りできた当時)
20歳
【職業】(縁切りできた当時)
大学生





【縁切りした人】
当時の恋人
【その人の年齢】
23歳
【縁切りした人の人柄】
性格はとにかく寂しがり屋で、連絡は即レス、少し私の返信が遅いと不安になるような人。
職業はゴルフ場整備をしていて、朝早くから夕方16時頃には帰宅していた。
周りからは少し人見知りで口は悪いが、心開いた人にはとことん尽くすタイプだと言われていた。
容量が良かったので仕事の効率は良かった。




【嫌な部分と実害】
お金とお酒にだらしなかったところ。
とにかく口癖が”金ない””金ない”だった。
高卒の安月給だったようで、当時実家暮らし大学生だった私のことをことある事に、俺より絶対に金持ってるからいいな?、自分で稼いだお金全部自分で使えて羨ましい、と、嫌味ったらしく言われていた。
お酒癖に関しても、車で飲みに行ったのに付き合いで飲まされたから1杯だけ飲んできた?と言いながら、平気で車で運転して帰宅するような人だった。
飲酒運転を黙認させられている気がしてとても嫌だった。




【決定的な出来事】
浮気を許したあとにもう一回された時。
付き合って1年経ってすぐの頃、おかしいなあ?変だなあ?と思う行動がチラホラと見え始めていた。
問い詰めてスマホを確認するとめちゃくちゃ浮気してる内容発見。
何度も真剣に話し合って話し合って話し合った結果、もう絶対にしないと泣きながら土下座までしたのにも関わらず、1ヶ月以内にはまた別の女の子と浮気しているのが発覚。
もうこいつは病気だなぁ?と思い、悲しい通り越して呆れて縁を切った。




【当時の心境】
信じたくて信じたくて仕方ないのに、信じれなくて不安で毎日気分が悪かった。
一緒にいる時は安心できるけど、家に帰って彼のそばから離れると、また浮気しに出かけてるんじゃないかと疑ってしまい、アルバイトの最中も鬼のようなLINEをして、直ぐに返信が来ないと不安で涙が出てくる日々でした。
もうしないよね?と何度も彼に問いかけると言うより、信じていいよね?と、自分に言い聞かせるように過ごしていた。
とにかく精神が不安定だし寝不足だし肌は荒れるし良い事何も無かった。




【相談と助けてくれた人】
友人にはとにかく沢山話しを聞いてもらった。
ことごとくみんなに反対されたので、1度許したことは周りに言えなかった。
そんなやつ別れろとしか言われなかったから、それはそれで辛くて、誰も味方じゃないように感じていた。




【縁切りのための行動】
とにかく連絡を取らないこと。
LINEはブロックして、電話番号は着信拒否。
彼の家の近くを意地でも歩かない、目に入れない。
一緒に出かけた場所は近寄らない。
思い出の品は全て捨てる。
彼を想起してしまうものは片っ端から消していった。
忘れようと他の人と出会おうとあれこれやっても、ヤケクソになってる時に出会う人は結局眼中に入らないのだから、新しい出会い求めて時間を割くのは勿体なかったと思う。
そんな時間あればもっとバイトのシフトを入れて、お金稼いで、そのお金でもっとたくさん旅行に行って、新しい世界を知ればよかったと思う。
一切の連絡手段を断ったので、彼の反応やその後のアクションは全くわからなかった。
変に押しかけられたりしなかったので良かった。

【決意してから縁切り成功までの期間】
半年




【縁切り成功のきっかけ】
きっかけは、2回目の浮気が発覚した時。
もうこの人とは何をやっても上手くいかないし、一緒にいてお互いが幸せになれないなと心から感じたとき。
1度許すとしたものの、常に疑いの目で接してしまうし、少し口論になると浮気したことを引き合いにして話してしまって、自分の性格がどんどん悪くなっていく瞬間を目の当たりにして嫌になった。
ポジティブで明るい性格だと思っていた自分が、執着して陰湿な意地悪なことばかりしていることに気づいた時に気持ちが悪くなった。
自分のことが嫌いになった時に、ふと何をしてるんだろうか?と思い立ち、そこからは早かった。
連絡も取らなくなり、なによりなにか連絡が来ても一切返信しようとも思わなくなった。
彼に割く時間がいかに無駄か気づけたから。




【その人との経過】
縁切りして、連絡も一切取っていない

【現在の関係】
縁を切ってから4年近く経とうとしてます。
相手とは2年ほど前にたまたま駅で遭遇した際に、新しい仕事を始めたことと、引越しをしたことを聞いた。
もう会ってもなんの感情もなく、元気そうにしてる姿を見てもイライラもしなかった。
第三者の友人たちにはそんな人いたねえ?くらいに思われていると思う。
たまに昔話して、その彼の話をすると黒歴史すぎて嫌になるくらい。




【縁切り後の生活】
就職も決まったし、住んでいた町から離れることで、心の距離はもちろん物理的な距離ができることで、とてもすっきりした。
いつかあの町に戻ることがあっても、もう何も嫌な思い出を思い出さずに過ごせると思うと、あの町から出てよかったと心底思う。
あれだけ別れることに苦労して、執着していたのが嘘なように、今はなんとも思っていない。
現状とても幸せだ。



【当時の自分へのアドバイス】
とにかく早く離れなさい。
1度とたりとも許すな。
ということです。
変に優しかった私は1度裏切った人を許してあげなくちゃ!と謎の使命感にかられていたと思うので、そんなの気にせず貴方のことを1番に大切にしてくれる人が世の中には沢山いるのだから、浮気するような人とは早々に縁を切って、自分の運気を自分で下げないで欲しい。
そして、自分のことを好きな自分でいて欲しい。