【彼氏と縁切り】暴力と束縛が酷い彼氏との縁が切れるまで、たった一人で戦った話

【彼氏と縁切り】暴力と束縛が酷い彼氏との縁が切れるまで、たった一人で戦った話

【性別】女性
【年齢】(縁切りできた当時)
25歳
【職業】(縁切りできた当時)
自営業





【縁切りした人】
遠距離恋愛中の彼氏
【その人の年齢】
24歳
【縁切りした人の人柄】
外見は人並みでした。
普段は穏やかな性格でしたが、とても理屈っぽく自分が気に入らないことがあると手をあげるような人でした。
当時地元で働いていた職場を退職し、私が住んでいる家の近くから通える会社に転職しました。
周りからの評判は良かったと記憶しています。




【嫌な部分と実害】
彼が転職して住んでいる距離が近くなってからのこと、私は彼と意見がすれ違う度に暴力を振るわれるようになりました。
最初は1回だけ叩かれて、その後すぐに謝罪されたので得に気にしていませんでした。
気になり始めたのは学校生活が忙しくなった頃のことです。
学校には地下室があり、そこで勉強している時間は連絡に返信することができませんでした。
ある日「地下に居る時でも5分に1回連絡が欲しい。
心配だから。
地下に居ても電波のあるところに5分に1回くればいいよね?」
と言われ不審に思いました。




【決定的な出来事】
彼の言動や態度に精神的にまいってしまい、所謂うつ病になってしまいました。
精神科に行き、精神安定剤や睡眠薬などを大量に処方され、その薬を見て「このままでは死んでしまうかもしれない」と思ったのが縁を切ろうと思ったきっかけです。
就職で地元に帰るつもりはありませんでしたが、丁度いい時期だったので地元に帰って仕事をすることを決心しました。
彼に知られると暴力を振るわれる可能性があったため、彼には内緒で行動したのを記憶しています。




【当時の心境】
地元に帰る日のことだけを考えて生活していました。
苦痛や嫌悪感は、考えただけで頭痛や吐き気を引き置きしてしまうこともあったため、できるだけ考えないようにしました。
本当に離れられるのかという不安は、とても強かったと思います。
縁切りを決心してからは、地元に帰って二度と連絡を取る必要がないように、彼の周りから私が居た証拠が無くなるように立ち回りました。
誰にも相談せずに一人で耐えていたので、一日が長く感じてとてもつらかったです。




【相談と助けてくれた人】
リアルの友達、ネットの友達、学校の先生、両親や兄弟など、相談できる人は身近に沢山いましたが誰にも相談しませんでした。
相談をしても結局決めるのは自分だし、心配をかけたくありませんでした。
彼を酷い人間だと思い、彼から逃げたいと本気で思っていたので、相談相手が彼の擁護をする可能性を考えると相談する気になりませんでした。




【縁切りのための行動】
地元に帰ると案外すんなり離れることができました。
向こうからの連絡は全て無視しました。
時には100件以上の着信やメールが入ることもありましたが、一切無視しました。
すると何も知らない共通の友人から、彼が連絡を取りたがっている、心配しているから連絡してあげて欲しいという内容のメールが届くこともありました。
彼は普通の人とは感覚が違い、何をするか分からない一面もあったので共通の友人には事情を一切話しませんでした。
それどころか、仲を取り持とうとしてきた友人は全てブロックしました。
とはいえ情があったため、心を鬼にしていても連絡を返してしまう時もありました。
情を捨ててできるだけ他人のように振る舞うように心がけていた記憶があります。
縁切りを一番邪魔してきたのは、彼だと思っています。

【決意してから縁切り成功までの期間】
半年




【縁切り成功のきっかけ】
就職から3ヶ月くらい経って少し安定してきた頃、仕事中に彼から長文のメールが届きました。
内容はあまり覚えていませんが「自分はこんなに好きなのになぜわかってくれないのか」「もし別れたとして、自分は新しい彼女を作るけどあなたは作らないでください」というような内容だったと記憶しています。
支離滅裂すぎる内容に心の底からあきれてしまい、この人は私の人生をダメにする人間だと感じました。
そしてその夜電話をして「あなたとの思い出はもう悪い思い出しか覚えていない。
良い思い出も全て悪い思い出に上書きされてしまった。
私の人生から消えて欲しい。」
ということを伝えて一方的に電話を切り、着信拒否しました。
着信拒否をしてからも着信は止みませんでしたが、時間が経つと少しずつ回数が減っていきました。




【その人との経過】
縁切りして、連絡も一切取っていない

【現在の関係】
縁切りをしてから4年ほど経過していると思います。
縁切りした相手は結婚して子供も居るそうです。
子供に当時私が使っていたハンドルネームを付けていたので、とても気持ち悪いと感じました。
形式上完全に縁が切れていますが、私自身は彼との恋愛がトラウマになってなかなか次に進めないでいるため、完全に縁が切れたとは言えないような気がします。




【縁切り後の生活】
彼の反応を気にすることなく自由に過ごせるようになったので、うつ病はすっかり治りました。
うつ病は原因が改善されると治ると聞いていましたが、本当にその通りの結果になったと思います。
新しい恋愛をする気はおきませんが、色々な目標があるので毎日とても楽しく生活しています。
トータルで見ると、私の生活はとても幸せなものになったと思います。



【当時の自分へのアドバイス】
おかしいと思った時に直ぐに縁を切るようにアドバイスしてあげたいです。
信用できる誰かに一刻も早く相談し、自分を不幸にする束縛しかしてこない彼との別れをはやく決意して欲しい。
未来の私は、今(昔)のことをすごく後悔しているということを強く教えてあげたいです。
また、彼を失っても、素敵な出会いはもっとたくさんあるということを教えてあげたいです。