プライドの高いナルシストのおじさん同僚に付きまとわれる日々。最終的に自滅してくれた話。

プライドの高いナルシストのおじさん同僚に付きまとわれる日々。最終的に自滅してくれた話。

【性別】女性
【年齢】(縁切りできた当時)
21歳
【職業】(縁切りできた当時)
専業主婦





【縁切りした人】
職場の同僚
【その人の年齢】
34歳
【縁切りした人の人柄】
第一印象は温厚で優しい人。
物腰も柔らかく、ユーモアもある人。
外見は中肉中背。
ただ年齢の割に老けてました。
髪の毛も薄かったのですが、外見を気にする仕草が多くビジネスホテルに置いてあるような櫛で
薄い髪をとかしているときはドン引きしました。
生活態度は、常に一人でいるような人。
休憩時間も職場の休憩所で小型のノートPCを持ち歩き作業。
一見仕事ができそうですが、実際は全く仕事ができないだめだめ社員でした。




【嫌な部分と実害】
一見、物腰が柔らかく優しそうな人でしたが、自分の機嫌が悪いと周囲に当たり散らす最悪な人でした。
機嫌が悪いときは周囲は手がつけられないほど。
同じ部署の女先輩にも電話の取り継ぎが気に食わないと、怒鳴り散らしていました。
ただその時は「仕事ができる人」と周りも勘違いしており、彼に強く言える人もおらず、上司が軽く注意する程度でした。
私の場合は当時歳も若く、可愛がられていましたが、その延長で就業時間外に個人的に電話をしてきたり、会社の外で待たれていたり怖かったです。
私の一つ上の別部署の先輩も同じような被害にあい怖がっていました。




【決定的な出来事】
毎日のように電話や出待ちをされ、彼に恐怖心が芽生えてきた頃、仕事の件でわからないことがあり、その顧客の先輩(男)机に行き質問をしていました。
就業時間も少し過ぎてましたが、その日のうちに解決したく先輩にも協力してもらいました。
無事に解決し自分の席に戻り帰ろうかと思い、タイムカードのところに目を向けると、その同僚がじっとこちらを睨みつけていました。
睨まれる覚えもないしなんでだろ。

と思いながら、平然とした顔で同僚に「お疲れ様でした」と言うと
「ここはキャバクラじゃないんだぞ!」と怒鳴られポカーン。

続けて「周りの風紀を乱すから気をつけろ!」と言われ帰って行きました。
先ほどまで仕事を教えてくれていた先輩や同じ部署の女先輩が一部始終目撃をしていたので
私が「どういった意味でしょうか・・・」と言うと、「明日上司に報告しよう」と言ってくれました。
(毎日の電話や出待ちの件も先輩達に相談をしていました)




【当時の心境】
電話や出待ちが続いた時は恐怖心しかなかったです。
変な対応をしたら怒鳴られるのではないかとか、嫌がらせされるのではないかとか。

幸いなことに、その同僚以外はみんないい人だったので何とか会社には行けましたが、毎日同僚と顔を合わせなきゃいけないと思うと辛かったです。




【相談と助けてくれた人】
同じ部署の先輩方々。
別部署の年が近い先輩。
母親。
直属の上司。
全員ドン引きしていました。
母親には20歳そこそこの娘が犯罪に巻き込まれてしまうんじゃないかとかなり心配していたようです。




【縁切りのための行動】
周りの先輩方々や直属の上司に相談したことです。
周りの先輩方々は、その同僚と二人きりにならないように休憩時間をずらしたり、帰りも出来るだけ一緒に帰るようにしてれました。
毎日くる電話も証拠を残すために、何時に電話が来たか、いつ出待ちされたのか正確な時間をメモしておくようにアドバイスをいただきました。
のちに上司に報告をするときに証拠が残っており話がスムーズに進みました。
同僚に特別な感情を持って勘違いさせてしまっているのではないかと、色々な人に声がけしたり話をするようにしましたが
火に油を注いでしまったようで、電話がかかってきた時に「何の話をしていたのか」「何で話をしていたのか」と事細かく聞かれました。
彼氏でもないのに本当に怖かったです。

【決意してから縁切り成功までの期間】
1年ほどかかかりました。




【縁切り成功のきっかけ】
職場での「キャバクラ罵倒発言」をきっかけに先輩方々が次の日に上司に報告
2日後、私が上司に呼び出され、今までされてきたことを報告相談。
(その際に証拠提出)
1週間後、上司が同僚呼び出し事実確認。
その日から一切の電話や出待ちなくなりました。
ですが、毎日顔を合わせなければならないのは同じで不安な日々を過ごしていました。
出来るだけ同じ案件の仕事につかせないよう、上司も配慮してくれ、直接的に仕事で関わることは少なくなりました。
半年後、同僚仕事でやらかし、先方の顧客が大激怒、取引中止。
他部署異動や現場へ派遣の話もあったようですが、本人が自主的に退職してくれ、一切関わりがなくなりました。
思い切って相談してよかったです。




【その人との経過】
縁切りして、連絡も一切取っていない

【現在の関係】
10年経ちました。
私もその職場を24歳で退職したので、同僚の現状は分かりません。
退職してしばらくは先輩方々と交流はありましたが、結婚などで家事が忙しくなり交流も減ってしまいました。
同僚も県外の人だったので、地元に戻ったという噂は聞きましたが、つい先日似た人をスーパーで見かけました。






【縁切り後の生活】
同僚が退職したことにより、会社に行くモチベーションがだいぶ変わりました。
同僚がいた頃は髪型や化粧を変えただけで「何かあったの?」「男に色目を使っている」等言われたい放題でしたが
好きな髪型にしたり化粧をすることが出来たのが嬉しかったです。



【当時の自分へのアドバイス】
当時、歳も若く社会人経験も浅かったので優しくしてくれた同僚に心を許してしまいましたが、
頼れる相手をしっかり見極めろ、あと誰にでもいい顔をするのではなく、しっかり自分の意思を持ちなさいと言いたいです。
ナルシストでプライドが高い男には一切かかわってはいけないと言いたいです。
あとは、嫌なことは嫌と本人に直接言える強さを持ちなさい!以上です。