【旦那の祖母と縁切り】旦那の義理祖母が糞過ぎたが思い切って行動し二度と顔を見ずに済み幸せな日々が送れた

【旦那の祖母と縁切り】旦那の義理祖母が糞過ぎたが思い切って行動し二度と顔を見ずに済み幸せな日々が送れた

【性別】女性
【年齢】(縁切りできた当時)
27歳
【職業】(縁切りできた当時)
専業主婦





【縁切りした人】
旦那の祖母
【その人の年齢】
74歳
【縁切りした人の人柄】
性格は兎に角人を不愉快にさせる天才、一言が多く自覚なし、疫病神。
外見は華奢。
職業はパート。
特技は人を不愉快にさせ人を傷付ける事。
生活態度は兎に角大袈裟で乱暴、掃除と料理ができない役ただず。
周りからも一言多い人間で後先考えないバカな老人と思われていると思う




【嫌な部分と実害】
兎に角嫌がらせが多かった。
結婚当初は私は介護職に勤めていて夜勤も勿論あった。
18時間労働、片道1時間、クタクタな体に鞭を打ち帰宅後は入浴し洗濯と簡単な掃除をし、軽めの昼食を取り仮眠に入ろうとすると必ずと言って良いほど婆が来て「また寝てる、あんたはいいねぇ、寝れる時間があって、ばーちゃんがパートから帰ってくるの分かってんだからお風呂掃除くらいしなさいよ」よと発言する。
しかしこんなのは可愛い方で、旦那の親戚が集まった日には私の名前をわざと間違えたり私の座る場所すら与えてくれない、皆の前で平気で汚してくる、挙句には「○○(旦那)はしょうもない仕事しかしないバカ嫁を貰ったもんだ」まで言ってくる。
そんな毎日が苦痛で仕方なかった。
義理姉も同様な被害を食らっていたため私の気持ちを誰よりも分かってくれた。




【決定的な出来事】
親戚が集まった時にいつもの嫌がらせを受けた後、後片付けをしていたら婆がいきなり「risa..kちゃん、いつになったらこの家出て行ってくれる?離婚しないの?子供も作らない女なんて用なしだ」と言われた。
勿論子供は欲しいと旦那と話合いをして介護職を辞めて専業主婦になった、しかし私に原因があり中々授かれなかった。
それは家族皆わかっており、わかった上で発言された。
遂に私も堪忍袋の緒が切れるじゃないが「こんな糞婆と一緒に入れない」と思い、旦那に離婚するか、糞婆にこの家出て行ってもらい今後一切関わらないか選択させた。
旦那は速攻で糞婆を家から出て行かせるを選び、義理父とも話し、了承を受ける。
いざ糞婆に言い渡す。
勿論嫌がっていた。
何なら泣き真似までしてた




【当時の心境】
本当に毎日が胃痛との闘いだった、何ならストレス性胃腸炎や胃潰瘍までになった。
こんな生活が今後糞婆が死ぬまで続くと考えただけで今日分と不安しかなかった。
私の方がもう耐えきれず自殺するんじゃないか、実親には心配かけたくなかったから相談もできず。
不妊治療に専念するため専業主婦を選んだため今更働きにも行けない、その結果一番糞婆と関わりや一緒にいる時間が長いのも私だった。
いつまでこの生活が続くのか怖かった。
自分が年寄りになったらあんな糞婆になんかならないと心に誓った




【相談と助けてくれた人】
旦那や義理姉義理父にまた自分の友達に相談しまくった。
何ならどうやったらこの環境から抜け出せるかまで相談した、旦那とかにはなんであんな糞婆みたいな人間に育ったのか迄一から聞いた。
旦那や義理父等は申しわけないとしか言わなく罪悪感に包まれた対応だった、友達は見事にご立腹、「risa..kが言えないなら私が言う」まで言ってくれた。
私の周りにはこんなにも味方がいるんだ、一人じゃないんだと思って泣きそうになっていた。




【縁切りのための行動】
兎に角心を鬼にし、どんだけ泣かれても土下座されても情を出さずに冷たい態度をとるのに必死に頑張った。
そのお陰で周りは私が本当に無理なんだと再確認し誰もが邪魔や反対をしてこなかった。
ただ唯一無駄だったのは家に二人きりの時に極力顔を合わせないようにしていたこと、いくら私が行動してもあの糞婆はどんな手を使ってでも顔を合わせて文句を言ってくる。
それに対し私が何か反発すると親戚や近所の人間に大袈裟にオーバーに被害者振る。
現状を知らない近所の人間は私におもしくない発言をしてきた。
唯一の邪魔者は近所の人間達だった。
そもそも三世帯を建てた事が失敗だった。
あんな糞婆と一緒に住む事を承知し糞婆に関わったことが本当の失敗だった。

【決意してから縁切り成功までの期間】
すぐできた。
1週間も経たなかった。




【縁切り成功のきっかけ】
とりあえず話合いに拉致明かないため勝手に糞婆の引っ越し先を決めてくる。
オンボロアパートの激安。
契約までもして、入居日まで決めてきた。
糞婆にその書類や現実を告げる。
案の定糞婆は拒否をしたが、勝手に荷物整理した、後ろで馬鹿みたいに発狂している糞婆なんて見向きもせず兎に角荷物をまとめる。
糞婆は免許がなく荷物運ぶ手段がないためそこは最後の優しさということで車を出してあげた。
車の中でも馬鹿みたいに発狂、本当老害、近所迷惑、人間として終わってると再確認した瞬間でもあった。
アパートまで付き降りようとしないためこちらで荷物を部屋に置いてあげた。
設置は自分の好みもあるだろうから勝手にやってくれって感じ。
まだ発狂してる糞婆の体力が無くなった瞬間に降りてもらい車を走らせ置いてくる、そのままもう関わりない、生存確認は私以外がやっているみたいだが、正直生きていようが死んでいようが私にはどうでもいい。




【その人との経過】
縁切りして、連絡も一切取っていない

【現在の関係】
まだ3カ月くらいしか経っていない。
旦那とかによるとパートをして優雅に暮らしているらしい、ただ掃除ができないから凄い異臭があったらしい。
料理もできないからあちこちに賞味期限切れの食べ物が散乱していた状態、勿論苦情も出てきているらしい、私からしたらどうでもいいけど。
なんなら強制撤去されていく場所がなくなればいいのにと思っている




【縁切り後の生活】
毎日が幸せ。
ストレスもなくなり胃痛もなくなった。
薬も減り専業主婦と不妊治療に専念することができている
何よりも汚い部屋やあの糞婆の声や顔を見れなくなって全てが幸せであり、毎日が輝いている。
心残りなんて一つもない。
不妊治療の方でもストレスがなくなったお陰で徐々にいい方向に向かっている。
全てがもう本当にいい方向に向かっている



【当時の自分へのアドバイス】
胃痛が感じ始めたら吐血するまで我慢しないですぐ病院に行ってね。
今は辛いけど今は幸せでしかないから早く行動に移してね。
当時みたいに変な情なんて持ったらダメだよ。
私が我慢すれば上手くいくなんて自己犠牲な考えはやめてね。
何もかもが逆に悪循環だから、旦那ともこのままじゃ離婚話迄出ちゃうから。
そうなる前に辛いし体力使うけど頑張って行動してね。
そうすれば凄い幸せな日々が待っているよ!!頑張れ!