高校生の同級生(女)と縁切り。先生や周囲の人には優等生を演じるが、本性はいじめっ子の同級生。いじめに耐え切れなくなった私は、先生へ裏の顔を暴露し、いじめからもその人からも解放された。

高校生の同級生(女)と縁切り。先生や周囲の人には優等生を演じるが、本性はいじめっ子の同級生。いじめに耐え切れなくなった私は、先生へ裏の顔を暴露し、いじめからもその人からも解放された。

【性別】女性
【年齢】(縁切りできた当時)
15歳
【職業】(縁切りできた当時)
高校生





【縁切りした人】
小学校と中学校が同じ知人
【その人の年齢】
15歳
【縁切りした人の人柄】
性格は明るく社交的。
見た目は大柄でやや太り気味。
顔は目力が強いのが印象的。
リーダー的存在で人を動かすことが得意。
気に食わない人がいると徹底的にいじめるが、ある程度まで知り合わないと本性は分からず、優等生に見える。




【嫌な部分と実害】
仲良くしていた頃もあったが、心の底から楽しいわけではなかった。
言うことを聞かないと怖いので、皆逆らえず、駒のように動かされていた。
自分以外にも被害者はたくさんいた。
普段一緒に行動するグループ内で、自分より幸せそうな人、気に入らない人がいると徹底していじめる。
グループから外されるだけでなく、クラスが同じ限りやることなすこと一生監視される。
自分の場合は、まず無視から始まり、空気のような扱いを受けた。
グループを必然的に抜けざるを得なくなったので、他の子と仲良くしていると私のところへやってきて、私以外と仲良くし始める。
とにかく標的を決めるとその標的が幸せになることを許さず、全て監視されていた。




【決定的な出来事】
中学校で再び同じクラスになり、また標的となった。
当時、自分と仲の良い子(A子とする。
)とも同じクラスになり、私の邪魔ばかりされた。
A子を自分のものにしようとしたり、A子に私がA子の悪口を言っていたと嘘を吹き込んだりされた。
A子だけでなく、私と仲の良い友人をすべて引き離そうと、とにかく私を孤独にしようとしてきた。
本当は興味ないのに、私を苦しめるために私と関わる人全て、自分のものにしようとした。
また、当時私と仲良くなった異性が居た。
私とその人が楽しそうに話していると、その人に向かって「ね?え?」と言ってちょっかいをかけたり、好きでもないのに「もう、〇〇(その異性)なんて嫌い!」と言って気があるように周囲に見せたりしていた。
私がその彼と仲良くしているだけで悪者のようになったので、仲を深めるのを私から辞めた。
毎日私に意地悪しては、私の顔色をうかがい、自分の満足いく意地悪ができた時には勝ち誇ったような顔をしていた。
ここに書いたことはごく一部で、全ては書ききれないが、このようなことが毎日続いたので、縁を切ることを決意した。




【当時の心境】
とっても辛かった。
ただ、意地悪され続けると慣れてくるのか、次第に怒りも感じるようになった。
(中学2年の時同じクラスだったので、)来年も同じクラスになった時や、それだけでなく高校も同じになったらどうしようという不安でいっぱいだった。
とにかく離れたいと心から願っていた。




【相談と助けてくれた人】
最初は仲の良かった友人に相談した。
その他の友人2、3人にも話したが、当時人をあまり信用しきれなくなっていたので、多くは語らなかった。
腹が立つね、嫌だねなど同情してくれた。
母親にはほとんど全て話していた。
担任の先生と副担任にも相談した。




【縁切りのための行動】
とにかく、弱気になってはダメだと学んだ。
弱いところを見せるのもダメで、意地悪されても平気な顔をして友人と楽しそうにしていることが効果的だった。
逆に刺激してしまい逆効果なのではと感じるかもしれないが、意地悪されて悲しい顔をしていると、相手はその顔を見るのがとても楽しそうに感じた。
その人は、周囲からの評価、特に先生からの評価を気にしていていわゆる先生からいい子に見られていたので、まずはその周囲からの評価を崩そうと思い担任の先生に今までされてきたこと全て報告した。
最初はやはりいい子と思っていたのか驚いた様子だった。
そして先生もその人に少し当たりが強くなった気がするので、これは効果的だったと思う。
次第に意地悪が減っていった。

【決意してから縁切り成功までの期間】
1年




【縁切り成功のきっかけ】
担任の先生に今までの被害を報告してから、少しずつ意地悪をされなくなっていった。
全てはこれが効果的だったと思う。
明らかにおとなしくなったし、先生がいる場面では普段よりもさらに優等生ぶるようになった。
私は意地悪なんてしてない、というアピールのように感じた。
それから中学3年になり、彼女とはクラスも離れ、必然的に接触の機会が減った。
それでもすれ違う時にじろっと睨まれたり、時々意地悪はされたが、クラスが違うのでこちらが気をつければ避けられることが増えていった。
さらに、受験期になり学年全体が勉強モードになったこともあり、自然に縁が切れていった。
彼女にとって周囲の評価が、とても大事なものだったのだと感じた。




【その人との経過】
縁切りして、連絡も一切取っていない

【現在の関係】
5年経過した。
相手は高校受験に失敗し、滑り止めの女子高に進学した。
完全に縁が切れたので、その後はほとんど知らない。
高校生になってから何度かSNSで見かけた様子からは、楽しくやっているように見えた。
ただ私立の女子校ということもあるので、前ほどのいじめはしておらず、いい子を演じているのではないかと思う。




【縁切り後の生活】
本当の自分はこんなものだったんだと思い出した、本来の自分を取り戻せたような気がした。
今までが辛すぎて、毎日が楽しく感じた。
自由の身となって、本来の自分の性格で堂々と居られるようになった。
総じて人生が明るくなった。



【当時の自分へのアドバイス】
とにかく、弱気にならず強気でいけと言いたい。
自分は何も悪いことはしていない、悪いのは相手だから堂々としていればいい。
意地悪されて1人になってしまっても、恥ずかしくない。
最初は困惑するし朝起きるのも苦痛だけど、あんな人に負けないように頑張ってほしい。
でも辛くなったら、母親に愚痴を言いまくってストレス発散しよう。
抱え込みすぎないように。
明るい未来があるよ。